• TOP
  • 出張・ビジネス
  • 出張・旅行に“靴”を持っていく際の必需品、人気の「シューズケース」

出張・ビジネス2017.07.31

出張・旅行に“靴”を持っていく際の必需品、人気の「シューズケース」

TABITUS+編集部TABITUS+編集部

中・長期の旅行・出張や、旅先で靴を履き替えたい場合など、荷物として靴を持って行くことがあります。皆さんは、靴をバッグに入れて持って行く際、どのようにされていますか? タビタスの「シューズケース」は、実は売れ筋の商品。今回は、「シューズケース」の特長をご紹介しましょう。

スマートに靴をパッキングできる、男女兼用で使える機能的なアイテム

1.店舗でも人気が高く売れ筋の「シューズケース」

例えば、海外出張で長時間のフライト。機内でリラックスするために、疲れる革靴やビジネスシューズから楽なスニーカーに履き替える時、ガサガサと“スーパーのレジ袋”から取り出す…なんて無粋なことをしていないですよね?
足元のオシャレにも気を使う方や、ファッションや持ち物に気をつかう方は、タビタスの「シューズケース」を選んでいます。シューズケースなら、スーツケースやバッグから取り出すのも、履き替えた靴をしまっておくのもスマートです。
東京・有楽町の実店舗『JALプラザ TABITUS+ STATION』で販売しているさまざまなタビタスブランドの商品の中で、「シューズケース」は“人気ベスト3”に入る売れ筋アイテム。ちなみに他の2つは、「ワンツーフィニッシュハンガーケース」と「ワイシャツケース&ネックポーチ」です。

2.1足分ずつ分かれるセパレートタイプで使い勝手がいい

タビタス「シューズケース」最大の特長は、本体中央のファスナーを全開にすることで2つに分割できるセパレートタイプであること。1つのケースに1足(左右セット)、合計2足を収納可能です。1足だけしか持って行かない場合もコンパクトにできるだけでなく、スーツケースやキャリーバッグにパッキングする際に、スペースを上手く活用した効率のいい収納が行えます。
さらに、中央結合部にはポケットがそれぞれ付属し、スリッパやビーチサンダルなど薄手の履物などを入れられます。また、分割したケースのそれぞれに取っ手が付いており、手に持ちやすい設計です。手荷物カウンターでスーツケースを預ける際にシューズケースだけ取り出し、機内に持ち込んでラクな靴に履き替えるといった場合にも重宝します。

3.消臭効果のあるシューキーパーも付属

カラーバリエーションは、ネイビー、カーキグレー、カーキ、オレンジの4色。性別や年齢に関係なく使いやすい色合いです。さらに、同色のシューキーパーが2足分・計4つ付属。クッション材が詰められたシューキーパーで、タグ部分には消臭効果のある素材を採用。お気に入りのシューズの形くずれを防ぎつつ、ニオイも抑えることができます。

4.ジョギングシューズの収納や、夫婦で使い分けなど、使い方自在

ジョギングやマラソン、あるいはフィットネスなどが趣味の方なら、出張先・旅行先でもトレーニングができるよう、専用シューズを持って行くのにも便利です。例えば、海外出張の際、ビジネス用の革靴1足とジョギングシューズをそれぞれシューズケースに入れ、ポケット部には機内リラックス用やホテル用のスリッパやサンダルを入れていくといった使い方もできます。
また、海外旅行に行く際に、ご夫婦で1足分ずつ分割して、フォーマルシューズやゴルフシューズなどを収納するなど、行き先や目的などによっていろいろな使い方ができます。
※シューズの大きさによっては、1足分がケース内に収まらない場合があります。

履き慣れたシューズを出張や旅行に持っていき、シーンに合わせて履き替えることで、より快適に過ごせます。
タビタスの「シューズケース」は、素材や縫製にまでこだわった堅牢なつくりの「Made in Japan」。プレゼントにも最適です!

おすすめアイテム

〈タビタス〉シューズケース

この記事に関連するキーワード:出張商品紹介持ち物

\ TABITUSをFacebookでも /

  • この記事が気にいったら、いいね!

    FacebookでTABITUSの最新情報を
    お届けします。