出張・ビジネス2016.10.28

出張時の空いた時間の過ごし方

TABITUS+編集部TABITUS+編集部

交通機関の出発の時間まで時間が空く、予定より早く仕事が終わってしまった、前泊または後泊のため時間に余裕がある、など、仕事での出張でちょっと時間が空いてしまうというケースはよくあります。また、宿泊当日の夜は、出張先で食べる場合も多いはず。 空いた時間が、1時間以下なのか、数時間なのか、出張先がどこなのかなどによってさまざまですが、皆さんは出張中の空き時間をどう過ごしていますか?過ごし方の例を見てみましょう。

出張の合間、どう過ごす?

1.仕事

ノートPCやタブレットを出張に持っていく人は少なくありません。

少しでも時間があれば、ひたすら仕事をする。すばらしい心がけですね。仕事として出張に来ているのですから、勤務時間中は仕事をするのは当然。ビジネスパーソンとしては当たり前の行動と言えるでしょう。

2.観光

初めて訪れる場所や、有名な観光スポットがある出張先では、近くにある名所旧跡・観光スポットなどに行ってみたくなりますね。

ただ、特に男性の場合はスーツに革靴といった格好であることがほとんどです。女性の場合も、ヒールのある靴を履いていると、あちこち歩き回るのは大変。舗装されていない道を長時間歩いたり、スーツでいることが場違いな場所への観光は、考えたほうがいいかもしれません。しかし、カジュアルな服装の着替えや歩きやすいスニーカーなどを持参していれば、身軽に動き回ることもできます。

3.近所を散歩

あまり時間がない場合は、今いる近くを散策する程度しかできない場合も。しかし、場所によっては、その土地独特の景観や特徴的な街並みが見られるところもあります。地元の人と触れ合えたりすると、出張の趣きも変わってきますね。

4.食事

特に地方への出張の際、その土地の名物料理や特産物を味わうことは、ひとつの楽しみではないでしょうか。せっかくだからと、事前に美味しい店や有名店を下調べして出張に臨みたいと思う方は多いはず。

お酒が好きな方は、宿泊日の夜は、その土地の地酒を味わうといった楽しみも出張の醍醐味です。

5.疲れを癒す・リラックス

日頃のたまった疲れを癒すべく、近くにあるマッサージやコリほぐし店などに入るという人もいます。ビジネス街や繁華街には意外とマッサージ店があり、所要時間も15分程度から1~2時間くらいと幅広い選択肢がある店舗も。また、近くに立ち寄り温泉や銭湯があれば、お湯につかってリフレッシュすることもできます。

6.そのほか

読書は、オーソドックスな空いた時間の使い方かもしれません。タブレットやスマートフォンで電子書籍を読むという方もいるでしょう。また、スマートフォンでゲームアプリをプレイするという過ごし方を好む方もいます。

出張中の空き時間の過ごし方は、人それぞれまちまち。せっかく、日常生活する場所とは違う所を訪れるわけですから、その土地のことを知って、新しい発見や経験などができるとうれしいですね。もちろん、仕事をしっかりやった上での話ですが。

この記事に関連するキーワード:スキマ時間ストレスフリー出張先過ごし方

\ TABITUSをFacebookでも /

  • この記事が気にいったら、いいね!

    FacebookでTABITUSの最新情報を
    お届けします。

RECOMMEND今週の人気記事