• TOP
  • 海外旅行
  • コンタクトレンズ、機内持ち込みOK?保存液や洗浄液は?

海外旅行2018.12.27

コンタクトレンズ、機内持ち込みOK?保存液や洗浄液は?

TABITUS+編集部TABITUS+編集部

飛行機の座席まで手荷物を持ち込む際、持ち込めないものや持ち込む量が制限されるものがあります。特に、液体物は注意が必要です。 普段からコンタクトレンズを使用している方の中には、コンタクトレンズや保存液・洗浄液などを、機内に持ち込みできるのかどうか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、コンタクトレンズや保存液や洗浄液などのケア用品の機内持ち込みについてご案内しましょう。

コンタクトレンズ使用者必見!知っておくと安心

コンタクトレンズの機内持ち込みは、基本的にOK!

結論から先に言うと、コンタクトレンズの機内持ち込みは可能です。使い捨てのワンデータイプや、1~2週間連続して使えるワン/ツーウィークタイプ、永続的に使用するタイプなど、いずれのコンタクトレンズも、国内線/国際線ともに機内持ち込み手荷物にすることができます。
飛行機の中は非常に乾燥するため、ロングフライトとなる機内ではメガネで過ごすのがオススメ。コンタクトレンズは手荷物の中に入れて機内に持ち込み、着陸前に装着すれば、空港に到着してからスムーズに行動できます。

液体のケア用品は、国際線では「医薬品」と申し出る必要がある

コンタクトレンズの保存液や洗浄液については、国内線と国際線で機内に持ち込む際に違いがあります。
国内線の場合は、特に制限はありません。保安検査の際にチェックされることはあります(開封済みペットボトル飲料などと同様の検査)。
国際線の場合は、液体の機内持ち込みに制限があり、100mlまたは100gの容量以下の容器に入れなければならない、さらにそれら容器すべてを容量1リットル以下の再封可能な透明プラスチック袋に収納しておく必要があるという規定があります。
しかし、コンタクトレンズ本体およびケア用品である保存液や洗浄液などは、「医薬品」とみなされるため、この規定は適用されません。目薬(点眼液)も同様です。ただし、手荷物検査場で検査員に「医薬品」であると申し出る必要があります。
不安に感じる方は、100ml以下の容器に入れ、さらに透明プラスチック袋に入れるという、液体物の機内持ち込み規定に従った状態でパッキングしておけばよいでしょう。
ちなみに、国際線機内への液体物持ち込みについては、『知っておきたい「機内への液体持ち込み制限」。特に、国際線の化粧用品持ち込みは要注意』の記事で詳しく紹介しています。

海外渡航時は、予備のコンタクトレンズやメガネを機内に持参

特に、海外へ旅行や出張に行く場合、使い捨てのワンデータイプのコンタクトレンズなら、日数分よりも多めに持っていきましょう。普段は2ウィークタイプを使用している方も、予備で1-2セット、あるいは同じ度数のワンデータイプを数セット持参することを推奨します。
海外では、コンタクトレンズが簡単に購入できない、種類が少なく普段使っている製品がない、日本とは製品規準や薬事規準が異なるといったこともあります。紛失、破損や汚れなどのほか、衛生的なことも考慮すると、メガネはもちろん、予備のコンタクトレンズを持っていくのが無難です。
また、国際線で乗り継ぎがある場合、空港で預けた荷物がロストバゲージした時に備えて、予備を機内に持ち込んでおくと安心です。

預け荷物にするスーツケースやキャリーバッグの中に入れる保存液や洗浄液などは、中身が漏れないようにしっかりとフタを閉め、ビニール袋などに入れておくとよいでしょう。
機内への持ち込みが可能とはいえ、あまりにも大量のコンタクトレンズを機内に持ち込もうとすると、検査員が不審に思うこともあるので要注意。ワンデータイプでも数日分が無難です。

\ TABITUSをFacebookでも /

  • この記事が気にいったら、いいね!

    FacebookでTABITUSの最新情報を
    お届けします。