出張・ビジネス2018.10.26

“飛行機酔い”対策、教えます!

TABITUS+編集部TABITUS+編集部

飛行機で移動している時に、吐き気を催したことはありませんか?特に、普段から乗り物酔いしやすい方は、飛行機に乗る際も心配でしょう。 車や船などと同じように、飛行機でも乗っている時に気分・気持ちが悪くなる症状が出る場合があります。今回は、その対策や予防法をご紹介します。

搭乗前に予防して、快適な空の旅を楽しもう

なぜ、飛行機で酔うことがあるの?

乗り物酔いの大きな原因のひとつは「揺れ」です。人は、耳の奥にある耳石器と三半規管によって、身体の平衡や揺れを感知しています。目で見ている視覚的な情報と、耳で感知した実際の揺れや加速・減速の情報とでズレがあると、脳が情報を的確に処理できなくなってしまい、自律神経の乱れが生じます。これが乗り物酔いの原因です。
飛行機の場合、離陸や着陸の際に急加速や急減速したり、気流の影響で機体が急に揺れたりすることがあります。乱気流に遭遇すると、不規則な揺れや乱高下が続くことも。
個人差がありますが、予測できない揺れが起こることで、飛行機酔い(「空酔い」とも呼ばれます)になってしまう人もいます。

また、気圧の変化、睡眠不足やストレスなどの体調的な問題、「酔うかもしれない」「揺れたらどうしよう…」といった精神的な不安、機内のにおいや音、年齢などが影響して、気分が悪くなってしまう場合もあります。

空酔いの予防法は?

飛行機で酔わないための対策を挙げてみましょう。対策によって個人差がありますが、一般的な予防方法をご紹介します。

  • 食べ過ぎ、飲み過ぎ、空腹を避ける
  • 消化の良いものを食べてから搭乗するのがおすすめです。

  • 睡眠をしっかりとっておき、体調を整えておく
  • 睡眠不足、疲労、ストレス、体調不良などがないようにしたいもの。

  • 締め付けや圧迫が少ない服を着る
  • タイトなジーンズ、ベルトやネクタイなどは身体を圧迫します。身体への負荷が少ないゆったりした服装で搭乗しましょう。

  • 不安や心配なことを考えない
  • もし揺れたら…、酔うかもしれない、などと考え過ぎると、精神的に不安定になりがち。楽しいことを考えるようにしましょう。

  • 酔い止めの薬を飲んでおく
  • 乗り物酔いしやすい方は、搭乗前に薬を飲んでおくのがオススメ。不安は大幅に軽減できます。

  • スマホの見過ぎ、読書などにも注意
  • 揺れている中で、スマートフォンの画面を見たり、本や雑誌、新聞の小さな文字を読んだりするのは、避けた方が無難です。

他にも、飴を舐めたり、ガムを噛んだりすることで酔いが防げるケースもあります。

酔ってしまった時の対策は?

そうは言っても、酔ってしまうこともあります。「気持ち悪くなってきたかも…」と感じたら、早目に対策を取るのがポイントです。

  • 座席を倒す
  • 座っているシートをリクライニングして、お腹が圧迫されないラクな姿勢を取ります。

  • うがいをする
  • うがいで口の中をスッキリさせるのが効果的な場合も。冷水だとなお良し。

  • 冷たいタオルを額に当てる
  • 持っていなければ、客室乗務員に声をかけて用意してもらいましょう。

それでも吐き気が治まらない時は、座席ベルト着用サインが点灯していなければ、トイレに行きましょう。離席できない場合は、座席前のポケットに用意されている「エチケット袋」を使いましょう。

また、酔ってしまうと、目的地に到着してから思うように行動できず、せっかくの旅行が台無しになることも。後悔しないように、やはり酔い止めの薬は持っておきたいものです。旅行に薬を持っていく際には、TABITUSの『ピルポーチ』がおすすめ。散らばりやすい小さな薬もきっちり収納できます。
1回に服用すべき薬を透明のレフィル(小袋)に小分けできるので、毎日薬を服用しなければならない方にも便利です。

〈タビタス〉ピルポーチのご購入はこちらから

乗り物酔いしやすい方は、不快な“空酔い”の予防策を取ることをおすすめします。普段は乗り物酔いしない人でも、飛行機が大きく揺れたり、揺れが長く続いたりすると、気分が悪くなることもありますので、対策を知っておくと便利です。

おすすめアイテム

〈タビタス〉ピルポーチ

\ TABITUSをFacebookでも /

  • この記事が気にいったら、いいね!

    FacebookでTABITUSの最新情報を
    お届けします。

JALクーポンやマイルがつかえる トラベルファッションのセレクトショップ
JALクーポンやマイルがつかえる トラベルファッションのセレクトショップ

RECOMMEND今週の人気記事