出張・ビジネス2016.10.28

女性の出張にはどんなカバンが最適?

TABITUS+編集部TABITUS+編集部

女性の出張では、荷物が多くなりがち。だからと言って1泊2日の出張に大きなボストンバッグを持っていくのは、ビジネスの場には適していません。では、どんなカバンが女性の出張に適しているのでしょうか? キャスター付きのキャリーバッグ以外で、1泊2日程度の出張時に便利な、女性向けカバンについて考えてみましょう。

女性向け出張カバンを選ぶポイント

1.できるだけ軽量なカバンがベスト

なんといっても、カバン自体の重量が軽いものがおススメ。とは言え、ビジネスの場に持っていくものですから、作りがしっかりした、機能的なバッグを選びたいものです。ビジネスでの出張では、仕事に必要な資料などのほか、ノートパソコンやタブレットを持っていくというケースが多いでしょうから、必然的に荷物全体の重量は重くなります。具体的には、カバンの重量は1,300g程度までに抑えられていれば軽量といえるでしょう。

2.機能性を重視して選ぼう

ノートパソコンやタブレットを持ち運ぶのであれば、把手が長めで肩掛けにも対応できるタイプか、ショルダーストラップが付属した2Wayタイプのカバンを選びましょう。荷物が重くなっても安心です。また、それらのデバイスを衝撃から守ってくれる緩衝材が内蔵されたタイプがおススメです。緩衝材がない場合は、別途パソコンやタブレット用のインナーバッグを用いれば問題ありませんが、デバイスを使う際・しまう際にひと手間かかることになります。

十分なマチ幅があることも、選ぶ際のポイントのひとつです。化粧ポーチとパソコンを一緒に入れられる幅が確保されているかなどをチェックしましょう。また、いざという時に容量が大きくできるエクスパンダブルタイプも重宝します。商談で資料類などをもらって帰りに荷物が増えた場合、会社にお土産などを持って帰る場合などにも、マチ幅を広げて対応できます。

3.2気室タイプなら、ビジネスの場で相手に私物を見られない

1泊の出張であっても、下着の替えや化粧道具などの私物を持っていくのは当然でしょう。そして、たいていの場合、ビジネスの場にカバンを持っていくことになります。相手と打ち合わせや商談を始める際に、カバンの中からノートパソコンや資料、筆記道具などを取り出したその時、着替えなどの私物が見えてしまう…。あるいは、仕事に必要なモノを取り出そうとして、化粧ポーチなどの私物を出す羽目に…。
そんなことにならないために、ビジネスに必要なものと私物を、しっかり分けて収納できるカバンであれば安心です。内装が2気室に分かれているタイプなら、仕事道具だけをスマートに取り出すことができます。また、大きめのものから小さなものまでポケットがたくさん備えられていれば、カバンの中でモノがごちゃごちゃすることがなく、キチンと整理して収納ができます。

4.持ち物を極力減らして、カバンを軽く!

あれも、これも…と持っていくものが増えれば、荷物がかさばり、全体が重たくなってしまいます。パソコンも含めると、バッグの重さも合わせて、総重量は4~5kg程度になるのが一般的です。できるだけ荷物を軽量化して、身軽な出張を行いたいものです。

宿泊するホテルの備品やアメニティグッズを活用することで、持っていく荷物を減らすことができるかもしれません。女性宿泊客向けに基礎化粧品類を用意しているホテルも増えています。少しでも持ち物を減らすことでカバンを軽くし、快適な移動ができるように心がけましょう。

ちなみに、飛行機を利用した出張の場合、女性用のカミソリや眉毛切りバサミ、爪切りなど、刃体6cm以下の小さなハサミ・刃体4cm以下の小さな剃刀(いずれも先の尖っていないもの)は、国内線の航空機内への持ち込みが基本的には可能です。ただし、国際線の場合は、いかなるハサミ・剃刀類も機内持ち込みができないケースがほとんどなので注意が必要です。

機能性とデザイン性を兼ね備えた女性向けの出張カバンは、まだまだ種類が少ないのが現実です。その中でも、使い勝手がいいと自分自身が思えるものを探してみましょう。

この記事に関連するキーワード:出張バッグ女性向け

\ TABITUSをFacebookでも /

  • この記事が気にいったら、いいね!

    FacebookでTABITUSの最新情報を
    お届けします。

RECOMMEND今週の人気記事