• TOP
  • 出張・ビジネス
  • 知っておきたい「機内への液体持ち込み制限」。特に、国際線の化粧用品持ち込みは要注意

出張・ビジネス2017.10.31

知っておきたい「機内への液体持ち込み制限」。特に、国際線の化粧用品持ち込みは要注意

TABITUS+編集部TABITUS+編集部

乾燥する飛行機内。海外へのロングフライトの際には、肌の保湿を考えて化粧水や保湿液などを機内に持ち込みたいもの。しかし、飛行機内に手荷物として液体を持ち込む場合は注意が必要。
国内/国際線によって異なりますが、液体の持ち込みには制限やルールが設けられています。

ルールを守って、持ち込み検査をスムーズに


【国内線での液体の機内持ち込み】
開封したペットボトル飲料はカバンから出してチェック

液体の飲み物は機内持ち込みOKです。ただし、開封済みのペットボトルは、手荷物検査で別途チェックされるため、バッグなどから出しておく必要があります。アルコール飲料も機内持ち込み可能ですが、アルコール度数が24%を超え、70%以下のものは一人当たり5リットルまでの持ち込み制限があります。

化粧水などは、500ml以下の容器に小分けして、総量2リットルまで

化粧水や香水などの化粧・美容用の液体、および液体の医薬品(非放射性のもの)も、機内持ち込みできます。ただし、1容器あたりの容量が500ml(0.5リットル)または0.5kg以下で、1人当たりの機内持ち込み量の合計が2リットルまたは2kgまでに制限されています。


【国際線での液体の機内持ち込み】

海外渡航時に液体を機内に持ち込む場合は、国内線の制限よりも細かく制限されているので注意が必要です。

飲み物の持ち込みは、保安検査後に購入したものに限られる

保安検査前(出国手続き前)に購入した飲料は、機内に持ち込みできません。例えば、空港に行く途中で購入した飲みかけのペットボトル飲料や、自宅から持ってきた日本酒などは、手荷物としては機内には持ち込みNGです。
機内に持ち込める液体(飲料)は、保安検査後に空港内の免税店などで購入したもの(酒類を含む)に限られます(乗り継ぎを行う場合、規制によって放棄しなければならないケースがあります)。

化粧品類は、所定のパッケージ方法に基づいたもののみ持込可

機内持ち込みできる化粧品などの液体は、基本的に100mlまたは100gの容量以下の容器に入っていなければなりません。その上で、それらすべてを容量1リットル以下の再封可能な透明プラスチック袋に収納しなければなりません。

◆機内持ち込みできるパッケージ方法◆

  1. あらゆる液体物(※1)は、100mlまたは100gの容量以下の容器に入れる。
    ※1:ジェル状のもの(歯磨き、ヘアジェル等)、エアゾール、スプレーなども含む。
  2. 再封可能な容量1リットル以下の透明プラスチック袋(※2)に、1.のすべての容器を、余裕をもって入れる。
    ※2:ジッパー・ファスナーの付いた袋(ジップロックなど)で、縦横合計40cm以内(マチなし)のもの。または、規準を満たした専用のジッパー付きケース。
  3. 1人当たりの袋の数は、1つのみ持ち込み可能。保安検査の際には、バッグから透明プラスチック袋を取り出し、他の手荷物とは別に検査員に提示する。
    *上記の基準を満たしていない場合、容器を廃棄しなければならないので、注意が必要。

あらかじめ透明プラスチック袋や容器を用意し、自宅でパッキングしておこう

ときどき保安検査場の周辺で、透明プラスチック袋に化粧品類を詰めている人や、容器を破棄することになってしまった人を見かけます。ジッパー付きの透明プラスチック袋は、空港で販売している場合もありますが、出発直前に慌てたり、空港での混雑を避けるためにも、出発前に自宅でルールにのっとったパッケージをしておきましょう。
また、機内に持ち込まず、空港の手荷物カウンターで預け荷物とすればよいものもあります。あらかじめ確認し、機内持ち込みの必要がない液体物は、中身が漏れないようにして、スーツケースなどに入れて預け荷物として持っていきましょう。


 

専用のポーチ・ケースなら、化粧用品の機内持ち込みも安心

JALショッピングのWebサイトでは、国際線の機内への液体持ち込み規準を満たした透明プラスチック袋(ポーチ・ケース)も取り扱っています。
『トラベル用小分けボトル&ケース8点セット』は、容量1リットル以下の透明プラスチックケースと、容量50ml以下のボトルやケース5種類(計7個)がセットになった、海外旅行に便利なアイテム。温泉地への国内旅行や出張などでも活躍します。ワンタッチキャップ式のボトル容器のほか、薬やサプリメントなどを収納しやすい小分けピルケース、整髪料やスキンクリーム、ハンドクリームなどを詰められる平型のキャップ式容器など、使いやすい形状のものがそろっています。
『〈FLIGHT 001(フライトワン)〉X-RAY機内持ち込みポーチ』は、鮮やかな蛍光カラーの透明ポーチ。プールやビーチなどでも活躍してくれる、遊び心のあるカラーとデザインが人気です。
※紹介した内容は、記事作成時点(2017年10月)のものです。機内持ち込みや預け荷物の制限については、随時変更が加えられます。ご利用の航空会社や国土交通省からの情報を確認することをおすすめします。

この記事に関連するキーワード:ポーチ出張準備持ち物

\ TABITUSをFacebookでも /

  • この記事が気にいったら、いいね!

    FacebookでTABITUSの最新情報を
    お届けします。

RECOMMEND今週の人気記事